条件検索

GO

地図検索

GO

包茎手術の平均相場はどれくらい?

包茎手術の相場は3万~50万円以上です。
非常に価格の変動幅が大きく、予算に応じて豊富なプランから選択できます。
価格帯別の術式の違いと、大阪エリアならではの料金に関連した業界動向をまとめました。

価格帯別の術式

執刀医のイメージ

一部の悪質クリニックを除いて、包茎手術は予算をかけるほど品質の高い術式を受けられます。
価格帯別に包茎手術がどのように変わるのか解説いたします。

3万円以下

3万円以下の包茎手術は、主に保険適用による簡易的な手術切らない包茎手術の2種類です。

費用は安いですが、利用できる方が限られるほか、仕上がりが悪くなりやすいデメリットがあります。
3万円以下で利用できる包茎手術の詳細をご覧ください。

保険適用の手術

初診料・診察料・血液検査などの総額で、2万円前後が保険適用による自己負担額の相場です。
保険適用の手術を受けられるのは仮性包茎以外の状態に限られます。
保険適用の場合は、亀頭を問題なく露出させることに重点を置くため、ツートンカラーで傷跡が目立ちやすいデメリットがあります。
このほか、自費の美容手術に比べて麻酔の痛みが大きく、小帯を切除されて感度が下がるデメリットがあるため、保険が適用させる症状でも自費の包茎手術を受ける方が多いです。

切らない包茎手術(接着タイプ)

切らない包茎手術には複数の術式がありますが、3万円以下でできるタイプは、接着剤で包皮を剥いた状態で固定する術式が主流です。
勃起時には手の力を使わずに亀頭が露出し安定してキープできるなど、軽微の仮性包茎の方のみ完治する可能性があります。
軽微な仮性包茎以外では、希望しても治療を受けられないことがあるので注意しましょう。(そもそも剥けない状態である場合は接着タイプの治療が行えません)

バナ男のアイコン

個人的に3万円以内で受けられる治療法はマジでおすすめしないです。

5万円前後

5万円前後で受けられる包茎手術の大半は、クランプ法と呼ばれる補助器具を使う術式です。
亀頭にクランプカップを装着し、はみ出た包皮をレーザーメスなどでカットします。
保険診療でも使われることが多い簡易的な術式で、ツートンカラーになって傷跡が目立ちやすいデメリットがあります。

また、主にレーザーメスを使用するため、術後に麻酔が切れた際の痛みが大きくなるので注意しましょう。
このほか、一部のクリニックでは軽微な仮性包茎の方に向けて、亀頭増大術で包茎を治療する切らない手術を5万円前後で扱っています。

バナ男のアイコン

お金がなくても、せめてこのクランプ法が最低限の妥協ラインですかね。仕上がりは本当に期待しない方がいいです。
僕は絶対にしません(笑)

10万円前後

10万円前後の予算を用意すれば、自費の美容手術で主流になっている「亀頭直下埋没法」を扱うクリニックが増えてきます。

亀頭直下埋没法は、亀頭と陰茎の境目に縫い目が来るようにデザインするもので、医師によるオールハンド執刀で行われます。
10万円前後は亀頭直下埋没法の最安水準になり、小帯(裏筋)を切除されるなどのデメリットがあります。
また、ホームページでは10万円前後の価格を提示していても、無料カウンセリングで様々なオプションを提案されることがあるので注意しましょう。

バナ男のアイコン

包茎手術としては主流となっている亀頭直下埋没法ですが、執刀医のテクニックにより仕上がりが大きく異なります。
10万円となるとまだ経験の浅い医師が担当することも予測されますので、ちょっとだけ不安な気持ちにもなります・・・。

15~30万円

15~30万円で行う包茎手術も亀頭直下埋没法が主流です。
亀頭直下埋没法は医師の技量差が出やすく、腕に自信があるクリニックでは標準的な亀頭直下埋没法を20万円以上の料金で提供しています。
15万円以上の予算を用意すれば、小帯を温存するVカット法や無痛麻酔などのオプションをつけることが可能です。

バナ男のアイコン

麻酔はともかく、小帯を温存するVカット法は僕的にマストです!
ただし元々早漏である場合は、多少なりとも小帯をカットした方が改善されるとも言われています。

25万円~

25万円以上の料金では、高品質の亀頭直下埋没法のほか、根部切開法増大術との併用など、普通の包茎手術よりもワンランク上の治療を受けられます。
機能性・仕上がり・術後の痛みなどこだわり条件がある方や、サイズの悩みも一緒に解決したい方は予算を多めに用意しておきましょう。

バナ男のアイコン

僕はちょっと奮発して、これくらいの予算で考えています。
それでも新入社員の初任給と同じくらいの金額ですから、将来のことを思えば安いくらいだと思ってます。

30万円~

一部で全国区の名医がスタンダートな包茎手術を30万円以上で対応するケースもありますが、多くのケースで30万円以上の治療は亀頭増大術と長茎術などサイズの悩みを一緒に解決しています。
特に長茎術を行う場合は料金が高くなりやすく、包茎手術よりも長茎術の方が高額な料金設定にしているクリニックが多いです。

バナ男のアイコン

悪徳クリニックではあれこれ煽られて見積が100万円を超えることもあります。
もちろん納得のできる金額なら問題ないですが、吹っ掛けられて判断できない場合は一度持ち帰って冷静に見直すことをおすすめします。
セカンドオピニオンを求めることもおすすめです。

大手クリニックと地元密着型クリニックの違い

ハートを掲げる医者

大阪には全国展開している大手チェーンが軒並み進出しているほか、個人開業医など地元密着型で小規模の運営をしているクリニックが多数あります。
大手と地元密着型の小規模クリニックを比較すると一概に甲乙を付けることはできませんが、それぞれのメリット・デメリット特性を理解しておきましょう。

大手クリニックのメリット

複数の拠点を持っている大手は、広告を一括で出せるメリットがあります。
包茎手術はインターネットでクリニックを探す方が多いため、インターネット広告にかかる経費が経営に大きな影響を与えます。
大手クリニックはまとめて広告を出すことで1院あたりの広告経費を安く済ませることができるので、結果的に患者が支払う治療費を下げることができます。

地元密着型の小規模クリニックの場合、一部で口コミによって人気を集めているケースもありますが、デリケートな悩みの包茎手術は口コミだけで集客を増やすには限界があります。
包茎手術を専門に扱っているメンズクリニックの場合は、全般的に大手の方が低価格で品質の高い診療を提供しています。
個人開業医など小規模クリニックは、医師が求めている利幅の設定によって料金が大きく変わるケースがあるので、事前に評判を調査する重要性が高いです。

小規模クリニックのメリット

地元密着型の小規模クリニックの多くは、常勤医師1名で運営する個人開業医です。
診療方針は院長によって大きく変わりますが、地元密着型のクリニックはカウンセラーを用意せず、医師自ら無料カウンセリングを行っている所が多いです。
また、個人開業医は雇われ勤務時代に相応の実績を残していることが多く、大手クリニックに比べて、未熟な医師に対応されるリスクが低くなっています。

ちなみに包茎手術を専門に扱っている小規模クリニックの多くは、大手美容外科グループで院長を務めた実績がある医師が開業しています。
品質やノウハウで大手に比べて劣る点は少ないので安心してください。

バナ男のアイコン

僕的には名の知れた大手クリニックの方が安心できますが、これは好みの問題でもありますよね。
小規模院だからといって無闇に心配する必要はなさそうです。

激戦区大阪は安い?

大阪駅の外観

大阪は東京に並ぶ全国屈指の激戦区で、多数の包茎手術クリニックがあります。
ただし、「地域最安値」を大きくアピールするクリニックは少なく、失敗が許されない包茎手術では、「値引き」・「格安」の言葉が好きな大阪人でも安さより品質を重視しているようです。
なかには安い料金設定を見て不安を抱く方もいるため、激戦区を理由に包茎手術の相場が他の地域より安くなることはありません。

ただし、全国トップクラスの人口密度を誇り、府外からも多くの患者が集まる地域性から、腕の良い医者が大阪の好立地クリニックに勤務していることが多いです。
料金相場は他の地域と大きな違いはないですが、他の地域と同じ料金の中で腕が良い医師が多いため、コストパフォーマンスに優れた地域だと評価できます。

なお、一部で一般の泌尿器科が包茎手術の安さをアピールしているケースがあります。
専門性がないため品質は期待できませんが、安さをアピールして集客しようとするクリニックが点在するのは大阪ならではの特徴です。
当サイトの調査では、包茎手術に専門性が高いクリニックで、相場より大幅に安い料金設定をしているクリニックは確認できませんでした。

まとめ

ディスカウントに魅力を感じる大阪人だからといって、全員が包茎手術に安さを求めているわけではないことが分かりました。
手術に要する予算は、平均して20~30万円程度で考えている方が多いようです。

仕上がりを気にしない場合であっても、低価格でできるクランプ法はデメリットも多いのであまりおすすめはしたくありませんが、今すぐに低予算でどうにか治したい!と思っている方は視野に入れてもいいかもしれません。
その場合でもなるべくクリニックの評判を調べて、成功例の多い院を探すようにしましょう。