条件検索

GO

地図検索

GO

ちゃんと洗えてる?包茎ペニスの正しい洗い方

水を出すシャワーヘッド

いつも、なんとなーくワシャワシャして、なんとなーく洗えた気になっているマイペニス。
でもよく考えると、ペニスっておしっこが出てくる場所でもあるし、実はものすごく不潔な場所なのでは・・・と気付きました。いつも少し臭ってますし。

アナルはガシガシ洗うのにペニスはシャワーだけなんておかしい!と思って、ちょっと真剣にペニスの洗い方を調べてみました。
知っていそうで意外と知らない、実は誰も教えてくれないペニスの洗い方をレクチャーしたいと思います。

まず結論から言って、仮性包茎は洗えるから医学的に問題なし。
手の力を使っても剥けない真性包茎と剥く行為に支障が出るカントン包茎は衛生上の問題から保険治療を受けられる話は有名ですよね?

医学的見解と保険適用ルールの観点では「仮性包茎はちゃんと洗っていればOK」と捉えることができますが、包茎の人はちゃんと洗えていないケースが多いので注意しましょう。

包茎ペニスの正しい洗い方をまとめました。
包茎の人はちゃんと洗えているかチェックしてみてくださいね。

ペニスは自分が思っている以上に汚い

繁殖する細菌のイメージ

当たり前の話ですがペニスはおしっこと精子が出る場所。不衛生で菌が増殖しやすい環境なのは説明不要でしょう。
ペニスが不潔になる主な要因をご覧ください。

  • ・精液の残りカス(チンカス)
  • ・カウパー
  • ・残尿
  • ・皮脂
  • ・接触した物の菌(性感染症の病原菌、オナホールの細菌等)

こうした不衛生の原因は包茎じゃない人も同じですが、包茎の人は包皮の中で細菌が増殖しやすい状況になってしまいます。
たとえば、包茎の人に多く見られる症状がチンカスです。
思春期の頃を含めれば全ての男性がチンカスの発生した経験を持っているハズです。

男性が射精をした場合、最初に勢いよく出るけど、その後も少しずつ精子が出続けます。
露茎(ズル剥け)の人なら、パンツにくっつくなどして塊になって固まる状況にはなりません。

しかし、包茎の場合は精子が出続けると皮の中でそれが固まりチンカスになります。
チンカスは形になるので分かりやすいですが、残尿や皮脂による細菌の増殖リスクも同じです。

露茎はパンツが菌の元を吸い取りますが、包茎は包皮の中に菌を溜め込んでしまいます。
さらに、包皮の中は蒸れるので細菌が繁殖して悪臭やかゆみが出やすいです。
ペニスは身体の中でも不衛生になりやすい部位で、包茎の人は特に入念なケアが必要になることを覚えておきましょう。

子供用泡ソープが優秀だった

優秀な子供用泡ソープ

ペニスは亀頭を中心にデリケートな部位です。
特に包茎の人は普段は包皮に覆われているので、亀頭の表皮が薄くて敏感な状態になっています。

メントール入りなど刺激成分があるボディソープを使ったら、ペニスがヒリヒリした。そんな経験から何も使わず、お湯で洗っているだけの人もいるのではないでしょうか?

ペニスを洗う際に優秀なツールがないか調べてみたところ、子供用泡ソープが優秀である事実が発覚しました。
刺激成分がないのでサーモンピンク色した亀頭でも安全に洗えますよ。

固形石鹸はNG
男性器を洗うのには向いてない固形石鹸

固形石鹸でペニスを洗った後に違和感が…。尿道に何か詰まっている感じで若干の痛みも。
そしておしっこしたらスッキリできた。

これは私の実体験ですが、固形石鹸でペニスを洗う人にはよくある症状みたいです。
固形石鹸を使った場合、溶けて泡立っていない小さな石鹸の塊が尿道に入るケースや、固形物が包皮の中に残って亀頭を傷付けるリスクがあるので注意しましょう。

包茎かどうかに限らずペニスを洗う際は固形石鹸がNGですが、包茎の場合は包皮の中に固まりが残ってトラブルに発展する危険性が高いので避けた方が良さそうですね。
身体はコスパ重視の石鹸派。そんな方でもペニスだけは洗うツールを変えてみた方が良さそうです。

大人用ボディソープは使っても大丈夫なのか?
ボディーソープが入ったボトル

大人用ボディソープは刺激成分が強く、肌荒れやかぶれの原因になる恐れがあります。
特にスースーする成分(メントール)の入ったボディソープは極力避けた方がいいです。

毎日しっかり洗っていて、亀頭の表皮がある程度硬くなっている方なら、直近で肌トラブルを起こしていないことを条件に大人用ボディソープを使い続けても問題ありません。
それまで石鹸やボディソープでしっかりペニスを洗っていなかった人は、子供用泡ソープの活用をおすすめします。

イラスト付き!ペニスの正しい洗い方

では実際に洗ってみましょう。
包茎度合いによってできるできないは個人差があると思いますが、ここでは一般的な仮性包茎を例に解説してみたいと思います。

STEP 1しっかり濡らす
ペニスをしっかり濡らす

まずはしっかりと濡らします。
乾いた状態で石鹸をつけても、汚れはしっかりと落ちません。

方法は湯船でもシャワーでも構いませんが、皮を剥いて露出できる部分まできちんと濡らすようにしてください。

STEP 2石鹸を泡立ててから付ける
石鹸を泡立ててからつける

石鹸を手に取り、ある程度泡立ててからペニスに塗布します。
石鹸を原液のままペニスにかける人もいると思いますが、石鹸はしっかり泡立っていないと汚れが落ちませんのでこの方法はイマイチです。

一番おすすめなのは陰毛を使って泡立てる方法です。
体を洗うときに自然と行っている人も多いのではないでしょうか?
液体石鹸の場合は1~2プッシュ手に取り、それを陰毛部分で泡立ててから、その泡をペニスへスライド移動させる感じが一番効率的です。

STEP 3まずは外側から攻める
手首を回転させて洗う

まずは竿部分、ペニスの付け根分と、外側から洗っていきましょう。
竿部分は縦ストロークで洗うと皮が付いてきて上手く擦り洗いできていないことがありますので、手首を回転させながらトルネード状に擦り洗いするのがおすすめです。

皮を剥かない状態で洗えたら、今度は皮を剥いた状態で同じように洗っていきます。
普段内向きになっている側の皮もしっかり洗いましょう。

STEP 4カリ首と尿道入口も洗う
カリ首を指でしっかり洗う

続いて亀頭部分も洗っていきましょう。皮が剥ける場合はしっかり剥きます。
亀頭部分はデリケートなので爪を立てないように注意してください。

カリ首は汚れもたまりやすいので、指先を使って隙間までしっかり洗います。
尿道部分はあまりゴシゴシしすぎると石鹸が中に入って炎症することもあるので、やさしく撫でるように洗います。

STEP 5玉周辺も洗う
玉周辺を洗う

一通りペニスが洗えたら、続いて陰嚢(玉部分)もしっかり洗います。
特に股関節側の付け根分、アナルとの境目にある会陰部もしっかり洗いましょう。

STEP 6アナルも洗う
石鹸で肛門を洗う

最後に肛門周辺もしっかり洗います。
毛深い場合は汚れが毛に絡まっていることがあるので、シャンプーをするように毛もしっかり洗います。

洗う順番を守ることが大切です。
アナル→ペニスの順番だと、大腸菌が尿道から侵入して炎症を起こしてしまう可能性もあります。
必ずペニス→アナルの順番になるよう洗っていきましょう。

STEP 7流す
ウォシュレットスタイルで流す

最後の洗い流しもとても大切です。石鹸が残らないようにしっかりと洗い流します。
会陰部やアナルは石鹸が残りやすいので、シャワーの場合はウォシュレットスタイルでしっかり水をあてるのがおすすめです。

ウォシュレットスタイルができない場合は片手を添えて、少し水を溜めるような形にしながら何度も流すと確実です。

STEP 8おしっこを出す
トイレで尿を出す

お風呂から上がったらおしっこをしましょう。
こうすることで万が一尿道に石鹸が入ってしまっていても流すことができます。

以上がペニスを清潔に保つための洗い方です。
面倒に感じるかもしれませんが、毎日行っていれば数秒で終わる簡単なものです。
ぜひ実践してみてください!

いつもこんな洗い方してない?それ間違ってます!

出しっぱなしのシャワー

包茎の人はしっかり洗うと痛みを感じる理由で以下の洗い方をする方が散見されます。

  • ・皮が被った状態でシャワーで流すだけ
  • ・皮が被った状態で包皮の外側だけ洗う
  • ・ボディソープを使わずに指で優しくこするだけ
  • ・カリ首は洗うけど尿道周辺は洗わない

上記の事例が衛生上、不十分な洗い方なのは説明しなくても分かりますよね?
皮を剥き始めた思春期の年齢であれば最初は無理しない洗い方で問題ありませんが、成長が止まった18歳以上の男性で例に挙げた洗い方をしているなら、すぐに改善してください。

亀頭の表皮が薄いとお湯をかけただけでも痛みを感じるものですが、男性はみんなお風呂でお湯をかけたり湯船の中で皮を剥いたりして亀頭を鍛えています。
ちゃんと洗えていない状況の方は、最初から完璧に洗うことを目指さなくてもいいですが、お風呂で皮を剥いてお湯をかけるなどペニスを鍛えることを日課にしてください。

包茎そのものはサイズや包皮の余り方など自力で改善できないケースが多いですが、自分で剥くことができる仮性包茎ならゴシゴシ洗うことに支障がない状態まで亀頭を鍛えることができます。
ある程度は強く洗える状態まで鍛えれば、エッチをする際の痛みが軽減されるメリットも得られますよ!

綺麗に洗わないと恐ろしいことが

ナイフに恐れるバナナ

チンカスさえ溜まらなければOK。そんな感じでサクっと洗っている方はいませんか?
ペニスを綺麗に洗うことを習慣づけないと恐ろしいことが起こります。

調べてみたら、ペニスが不衛生なことで起こりうるトラブルは恐ろしいものでした。
ちゃんと洗わないことで生じるリスクをご覧ください。

  • ・悪臭が発生してセックスの時に女性から幻滅される(拒否されることも)
  • ・亀頭が鍛えられないのでセックスが痛く感じる
  • ・かぶれなどの肌トラブルが起こる
  • ・性行為後にちゃんと洗わないと性病に感染しやすい
  • ・陰茎ガンになりやすい
  • ・パートナーの子宮頚部になることも

大きく分けて衛生面と機能面による2つの問題があります。

衛生面の問題は臭いや肌トラブルなど一時的なことだけではなく、ガンの原因になる恐れがあるので注意してください。
人は誰もがヒトパピローマウイルス(HPV)というガンの原因になりうる病原菌を持っていて、人間の持つ免疫力によって体外に排出しています。

ペニスをしっかり洗っていない人(特に真性包茎)はヒトパピローマウイルスが発生しやすく、陰茎ガンになりやすいことが医学的に証明されています。
また、ヒトパピローマウイルスがペニスにある状態で性行為をすると、ウイルスが女性の子宮頸に感染してガンに発展するケースもあるので注意してください。

機能的な問題は、悪臭によってオーラルセックスをする際に女性が不快感を感じることや、痛くて上手にセックスできない、刺激を強く感じすぎて早漏になるなどのトラブルです。
つまり、男性としてペニスを綺麗に洗うのは、健康の維持と健全なセックスを楽しむために必要不可欠なことです。
今現在はセックスをするパートナーがいない場合でも、将来苦労しないようにペニスを正しく洗う習慣作りをしてください。

痛みを感じる方はシャワーで少しずつ鍛える方法や、まずは子供用泡ソープで優しく洗うことを心がけてください。
洗う際に感じる痛みや刺激は炎症する前のサインですので、一度に刺激を与えすぎるのはNGです。
少しずつ慣らしながらステップアップしていきましょう。

この記事を書いた人
ライターのバナ男
バナ男
32歳 仮性包茎
大阪で包茎の手術をしたい副業ライター。 更新